銀歯を白く


teeth whitening

歯医者で使われる金属は、金やパラジウム、銀などの混ざった合金です。
いわゆる銀歯と言うやつですね。
貴金属類を含んでいるので、錆びにくく丈夫ですが、色合いが悪いのが問題です。
保険治療では、この金属が一般的に使われています。これ以外にもニッケルや銀合金がありますが、あまり使われていません。

保険の治療では、強度の問題と材料が制限されてる関係で、奥歯などの力のかかるところはこの金属を利用して治療をしています。
しかし中には金属の治療を拒否される人もいます。

そういった人は、金属アレルギーを心配してるようですが、確かに歯科で使われている金属はアレルギーになりやすいものばかりです。
銀はアレルギーが出やすい材質で、毎日取り込むことで、身体の中にアレルギーの反応が現れてきます。
やがて皮膚に斑点が出現したり、水ぶくれが出たりすることもあるようです。

歯科の治療では、アレルギーの問題までを見ていません。あくまで治療のみしか相手にしていません。

一般歯科で治療を終えてから審美歯科へとこられる方もいます。保険治療で白くできなかったので、こちらに来たと言う場合ですね。

金属治療には、歯の全部を銀歯で置き換える、クラウンと呼ばれるものと、一部だけを金属にしてあるインレーに分かれます。
大きさや面積が違うので、これを白くしたいと望まれるなら、セラミック、ハイブリッドがお勧めですね。

接着材料でくっつければ、見た目は普通の歯とまったく分かりません。
大きなものはセラミックで行うしかありませんが、少し安くできるハイブリッド冠(クラウン)で行う人も出てきてるようですね。

photo by: torbakhopper

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月17日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:実際の治療

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ