入れ歯でも・・・


teeth

骨が弱く、抜けたところにインプラントで歯を回復することが難しい場合や、全身疾患のために手術が行えない人は入れ歯を入れます。
入れ歯だと、どうしても老けた感じがして嫌だと言う人もいますが、最近の入れ歯はかなり進化しています。

保険治療ではプラスティックでしか作ることができませんが、自費であれば、材料を自由に選べます。
金属で薄く丈夫に作ることで、温度感覚や舌触りも良くなり、発音も上手にできるようになります。

金属に特殊な加工を行う事で、食べ物の味を沁みさせて、粘膜の接触感覚を伝える入れ歯と言うのもあります。
また、非常に柔らかい材質で作ることで、でこぼこの顎でもきれいに密着させて落ちないようにすることもできますし、
数本でも歯が残ってるのならば、そこに磁石を入れて固定する方法もあります。

インプラントとの結合も可能で、実は入れ歯と言うのは自由度が非常に高く、どんなに困難なケースでも、作れないことが無いのです。

昔から入れ歯は相当に研究が行われていて、材質から形態まで様々な手法が考え出されてきました。
粘膜での咀嚼と言うハンデがあるのですが、どんな口の中でも噛む能力を回復させられるのは入れ歯しかありません。

大きな手術であごの一部を欠損してる人も、入れ歯であごの骨から頬の一部、歯までを回復するような処置も可能です。

たかが入れ歯と思われますが、されど入れ歯なのです。
しかも入れ歯に使える歯は、大きさから色から自由に変更ができます。
顎の骨に制限されてるインプラントや自然の歯よりも、口のデザインを大きく変更できる部分は、審美回復と言う意味では有利なのです。

photo by: tuppus

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年9月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:実際の治療

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ