顎を小さく




人の顔は骨格によって形が決まっています。
骨が大きければ大きな顔になりますし、小さければ小さい顔になります。
じゃあ、整形しないと小顔にはなれないのかと思うでしょ。
ですが、ちょっとした工夫で小さくすることは可能です。

まず、顎を引き締めるのが効果的ですね。
顔の表情を作る筋肉は、すべて皮膚に付着しているのですけど、これって他の筋肉と比べると変わってるんですよ。
例えば腕を動かす筋肉は、必ず骨と骨についています。動かすのが腕の骨なので当然です。
でも表情をつくる筋肉は、動かすのが皮膚なのです。
だから、どこかに固定されてるわけではありません。非常に鍛えにくい筋肉だということですね。
もともと表情筋は動きの乏しいものですから、意識して動かすようにすると良いでしょう。
筋肉を引き締めると顔も引き締まります。

親知らずを抜くと、その部分の骨が少なくなるので、顎が小さくなる可能性もありますが、絶対ではありません。
歯を失った人は、その部分の骨が無くなるので、皮膚を持ち上げられなくなり、しわが出来ます。
総入れ歯の人が入れ歯を取ると、顔がしわだらけになるのは、皮膚を持ち上げてる骨が少ないからです。
インプラントを入れると骨が盛り上がるので、老人でもしわがなくなり、皮膚に張りが出ます。

骨を削って顎を小さくすると、皮膚のしわが出来やすくなるのでお勧めはしません。
それよりも歯並びを治して表情筋の動きを改善する方が健康的に小顔になれます。

それと、ご飯のときにしっかり回数を数えて咬むと、顎周りがすっきりと痩せます。
最低でも20回は咬んで下さい。これは昔から言われていて、確かな話です。

photo by: Furryscaly

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月23日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:何を望みますか

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ