歯が無いんです




審美の治療にはさまざまなケースが存在しますが、欠損を放置してる人も多いですね。
歯が無くなった状態で放置すると、いろんなトラブルが発生します。

歯が無くなると、隣の歯が移動してきて、隙間を埋めようとします。これはとても良くないことで、歯が傾いてしまいます。
傾くと、その下の部分は汚れが溜まりやすくなり、歯ブラシも届きません。むし歯の原因にもなるのですね。
一度倒れた歯を起こすのはとても苦労します。
何しろ、何本もの歯が移動してるので、本当に元の位置に戻すなら矯正するしかありません。
ですが、実際に矯正をしてまで、全部の歯を動かすことはありません。通常はそのままで何とか対応をします。

しかし歯並びが悪くなっていますから、正常な歯並びと比べると見た目も悪く、口の機能も衰えてしまいますね。

欠損が多い場合はブリッジやインプラントと言った、間を作る方法で埋めていかなくてはいけません。
残ってる歯の数が多いなら、ブリッジが有効ですが、健康な歯でも削らなくてはいけないこと、一番奥では使えないこと、傾いてる歯には難しいこと、
などの欠点があります。

インプラントは、骨に人工の根を作る技術で、周囲の歯の状態に関わらずに歯を作ることが出来ます。
健康な歯を削ることもありませんし、どこにでも入れることが出来ます。

デメリットとしては、
高額になる。骨が薄いと出来ない。病気や体質で出来ないこともある。

と言う事です。
歯を失う理由はいくつもあります。ですが、無くなったらすぐに何かを入れておきましょう。
他の歯が移動しては、治療が複雑になってしまいますからね。

photo by: Meanest Indian

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ